2020年04月03日

近況…

全世界で拡大が続き、大変な事態を招いている新型コロナウィルスの影響でテニス界も大会中止が発表されています。ジュニア大会も例外ではなく…
大阪ジュニアを皮切りに、MUFG全国選抜、そして…8月の全日本ジュニアまでが中止になってしまいました。

今年ラストの貴惣、真一、ぞえ、りゅうせいのジュニアの国内大会は全て無くなってしまいました。
インターハイはまだ発表がされていませんが、予選が4月から始まるスケジュールなので、厳しいのではないかと思います…

無念でなりません…
言葉が見当たりません…

寛基も予選を勝ち抜き、中牟田のリベンジを誓っていたことでしょう。

うちの選手だけでなく、テニス界もそうですし、他のスポーツ界の選手達も辛い思いをしているのでしょうね。

当たり前だった生活がいかに幸せな環境だったのかを改めて痛感させられます。

今は全ての方々が危機に晒されている状態だと思います。

1日も早い事態の終息と、テニスが思いっきりできる日が来ますように。

※とりあえず、ジュニア達、勉強しよか。
頭使ってたらテニスに活きるから。

次の更新はいつになるかわかりませんが、皆様くれぐれも気をつけてください。
posted by 鬼コーチじゃないよ at 01:37| Comment(0) | 大会結果 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください